皮膚科で処方されているニキビ治療薬はネット通販でも購入することが可能です。ネット通販を利用すると定期的に通院することもありませんので、とても簡単にニキビ治療薬を購入することができます。

パソコンで通販する女性と薬
  • ホーム
  • ニキビ痕を消す治療について

ニキビ痕を消す治療について

タブレットを使用する女性

ニキビ痕は、美容皮膚科などで治療を受けることで消すことが可能です。
美容皮膚科で受けられるニキビ痕を消す治療としては、ピーリングやレーザー、光治療、外用薬などがあります。
ニキビ痕の種類や予算に合わせて、選ぶことになります。
代表的なニキビ痕を消す治療は、ピーリングです。
ピーリングでは、酸性の薬剤などを塗ることで、肌表面の角質をはがし、ターンオーバーを促進する方法です。
ターンオーバーを促すことで、真皮が新しい皮膚を作り出すためコラーゲン生成が活発化し、毛穴のつまりが解消されるため、ニキビ予防としても有効です。
レーザーでは、特定の波長の光を患部に照射することで、症状を改善する方法です。
機器の種類によって差がありますが、出血がほとんどなく、治療時間も短時間で済みます。
赤みタイプには、赤い色素に反応するVビームレーザー、色素沈着タイプには、茶色に反応するヤグレーザー、デコボコやクレータータイプには、皮膚の中の水分に反応する炭酸ガスレーザーとニキビ痕の種類に合わせて、レーザー光の波長の種類を変えることになります。
しかし、レーザー照射には、リスクもあり、一時的に色素の増強や炎症性色素沈着を起こす場合もあります。
ピーリングやレーザーと複合して行われるイオン導入やダーマローラーなどがあります。
イオン導入では、微弱な電流を流すことで、ビタミンC誘導体などの美容成分を肌の奥の真皮層まで届けることができます。
ビタミンC誘導体などの有効成分を効率的に取り入れることで、赤みや色素沈着の消えるスピードをはやめることが可能になります。
また、ダーマローラーでは、肌に微細な刺激を与えることで、コラーゲン生成を促す方法です。
こめかみ部分のクレーター治療に対して特に有効とされています。

人気記事一覧