皮膚科で処方されているニキビ治療薬はネット通販でも購入することが可能です。ネット通販を利用すると定期的に通院することもありませんので、とても簡単にニキビ治療薬を購入することができます。

パソコンで通販する女性と薬
  • ホーム
  • ニキビ治療薬アダパレンの効果

ニキビ治療薬アダパレンの効果

通販をする女性

ニキビは、思春期に男性ホルモン(テストステロン)の分泌が増えることにより、皮脂が過剰に分泌され、その皮脂が毛穴を詰まらせることから、始まります。
詰まった毛穴に、皮脂や角質(はがれ落ちた表皮細胞)が詰まった物が黒ニキビで、ここで毛穴が閉じた状態が白ニキビです。
毛穴の奥には、普通アクネ菌がおり、この菌は、酸素がないと異常に増えるのですが、皮脂が毛穴をふさいだ状態で増殖し、炎症を起こして、赤くなります。さらに炎症が進むと、アクネ菌は、毛包を溶かし、炎症はさらにすすんで黄色となります。
この治療薬として、2008年にアダパレンと言う薬が保険適用となりました。
この治療薬は、皮膚の表面の角質層を薄くする作用があります。それによって、ニキビの毛穴をふさいでいる面ぽうをつくらせなくなりますので、毛穴がふさがれなくなり、新しいニキビが出来なくなります。さらに今までニキビの炎症が起きていたところも、毛穴から酸素がはいってくるために、アクネ菌が生活しづらい状況となり、ニキビ治療に効果が出てきます。
しかしながら、アダパレンの効果は、角質層を薄くする事ですから、副作用(この場合は随伴症状です)として皮膚のバリア機能が落ち、皮膚が乾燥したり、赤みを帯びたり、薄く皮膚がはがれ落ちたりします。
副作用が強い間は、アダパレンの使用量を減らしたり、わずかな時間使用を控えたり、しっかり保湿を行う事で対処します。
この副作用に耐えられず、アダパレンの使用を中止する方がいますが、約1カ月この作用に耐えると、治療薬としての効果が現れ、あきらかにニキビの数が減り、3カ月後には、炎症性の物が減り、半年から1年後には、総数が激減します。
使用を継続する事で新しい物が出きなくなり、治癒に結び付きます。

人気記事一覧
サイト内検索